0 %

Login

Lost your password?
Don't have an account? Sign Up

2022年版:自転車かごに積めるコンパクトB型ベビーカーBEST5 (リベル・ポキットほか)

こんにちは。当サイトの管理人です。

子供を連れてベビーカーだけの移動は大変だと感じたことはありますか?
1歳を過ぎればお子さんを自転車に乗せるご家庭も多いかと思います。それに伴って、自転車+ベビーカーで移動したい方は結構いるんじゃないでしょうか。私管理人もそうでした。

我が家の場合、
1歳自転車デビュー

ちょっと遠出したい

でも自転車で移動した先が抱っこひもだけなのはツライ

自転車に乗せられるベビーカーあったら楽だな…

という感じになりました。 しかしながら息子が7ヶ月のころにすでにB型ベビーカーを購入してしまっていたのでかごに積めるタイプは諦めました。もっと早く考えるべきだった…

そういうわけで当サイトで200台以上ベビーカーをチェックしてきた管理人が、自転車に積めるコンパクトなB型ベビーカーを紹介します。

自転車のカゴサイズについて

ベビーカーを紹介する前に自転車カゴのサイズについて少し説明を。
目安としてよくある子乗せ電動自転車の付属バスケットのサイズを調べました。

Panasonic/ギュットYamaha/Pas Babbyブリジストン/Bikke
開口部W43xD33xH24W48.5xD35xH21W41x30.5xH23
底面W36xD24xH24W38xD24xH21W33xD20xH23

子乗せ自転車に標準装備でついてくるフロントバスケットは横40cm~、奥行30cm~で底面がそれぞれ約マイナス10cmといったところでした。
積めるベビーカーはだいたい横33~38cm、奥行き20~24cmといった所でしょうか。 そうなると積めそうなベビーカーはかなり限られてきます。

超コンパクトベビーカーBEST5

5位 ココロンコンパクト

サイズ(閉): W24xD28xH60cm(=3辺の合計112cm)
本体重量:5.1~5.3kg

ココロンコンパクトは通常タイプとサンシェードが深めのタイプ(ココロンコンパクトHOOD)の2タイプあります。 バスケットもそれなりに大きく、何よりもお手頃価格なのが魅力! ココロンコンパクトHOODはアカチャンホンポで試せます。

高さが60cmあるので自転車に乗せるならヒモで固定するか、別途専用のバスケットカバーがあると安心かも。

4位 AB型ベビーカー(Besrey)

サイズ(開):W50 × D60 × H100cm
サイズ(閉):W20xD34×H55cm(=109cm)
価格帯:2万円弱
本体重量:6.2kg

こちらはab型ですがB型メインとして使用しても問題なさそうな軽量&お手頃価格。リクライニングやバスケットなど機能面が充実した超コンパクトベビーカーです。ギュットやPasBabbyなら確実に詰めそう。ブリジストンはギリギリいけるかな…

販売元の「Besrey」は海外のブランド(本社はドイツだけど中国メイン?)で、中小企業といった感じでちょっと謎めいてはいます。しかし少なくともアマゾンで70件以上の販売実績がありますので、日本への対応も慣れてはいそうです。

3位 ポキットプラス

サイズ(開): W485xD710xH1020
サイズ(閉):W35.5×D21×H42(=101.5cm)
価格帯:2〜3万円
本体重量:5.6kg

元祖超コンパクトベビーカーといっても過言ではない「ポキット」。
ポキットはプラスとスタンダードタイプの2種類が存在し、こちらはアップグレードタイプです。 リクライニング付きでホロも少し大きめ。

コンパクトだけでなく機能面もしっかり配慮されています。 自転車だけでなく、機内持ち込みOKな航空会社も多そうです。

ちなみにJALやANAの持ち込み可能なサイズは三辺の合計が110~115cm、高さは約50cmまで

2位 リベル

サイズ(開):W520xD710xH1020
サイズ(閉):W32xD20xH48cm(=100cm)
価格帯:2〜3万円
本体重量:5.9kg

アカチャンホンポなどでもおなじみのB型ベビーカー、リベル。
2020年に登場して以降、そのコンパクトさとスタイリッシュなデザインが人気を呼び、常にランキング上位の商品です。

サイズやデザインだけでなく、ホロやタイヤ・リクライニングなど細かい機能に配慮があり、使い勝手の良いベビーカーです。

個人的にはコンパクトなわりにシートが広めなのも良いです

1位 ポキットオールテレイン

サイズ(開):W445xD710xH1010
サイズ(閉):W32xD18xH35cm(=85cm)
価格帯:2万円前後
本体重量:4.5kg

2022年4月現在、圧倒的コンパクトを誇るベビーカー!
200台以上ベビーカーを見てきた管理人が知る限り、超コンパクトベビーカーといえばやはり「ポキット」が一番です。
すでに3位にポキットは出てきていますが、こちらはコンパクトさを重視したスタンダードタイプ。 ホロが小さく、リクライニングが無いタイプですが、そのぶん価格もプラスより安く、軽量&コンパクトに畳めます。

個人的にはリベルにする

どれがおすすめ?と聞かれたら管理人はリベルにします。

理由は、
・ホロがポキット(スタンダード)より広い
・リクラニングがある
・4歳まで使えるロングユース(耐荷重22kg)
・シートが幅広
・カラーバリエーションが多い

あたりです。

ココロンコンパクトと迷ったんですが、自転車に積んだときにリベルより12cm高いのと、リクライニングがないのが気になって外しました。

自転車のバスケットサイズを変えれば他にも乗せられる商品はあると思いますが、あんまり大きいと本体重量も重くなるので走行時注意が必要ですね。

以上、参考になると幸いです。

アバター
気になるベビーカーを選んでスペック比較ができるサイト「べびろじ」運営者。かつてベビーカー選びの沼にハマった一児のママ。5年ほどベビーカーの販売に携わる。サイト運営にあたり約250種類商品を見てきました。